脂肪を消費し痩身を成功させる


痩身効果のある食事を目指す場合、まず食事の量の見直をします。摂取カロリーが高すぎると、それが脂肪増加の原因になることがあります。
急いで食べる習慣がある人は、たくさん食べないとお腹がいっぱいにならないと感じる場合があります。血糖値が上がり始めてから15分ほど経過すると、脳から満腹信号が出て人間の体は自分が満腹になったことを知ります。早食いの人は満腹と感じるまでの15分間に全てを食べ切ってしまうので、満腹と感じないままたくさん食べてしまうのです。たくさん食べずとも満腹できるように時間をかけて食事をすることで、脂肪を使いやすく痩身が容易になります。
朝食と昼食はしっかりしたものを摂取し、夕飯の量はそれほど多くならないように注意しましょう。朝食や昼食は、食事の後で体を動かす事も多いので消費しやすいものです。晩ご飯のカロリーは使わないまま就寝してしまうことが多く、体重が増える原因になってしまいます。
痩身を目指すのであれば、夕食を摂取してから寝るまでの間は3時間〜4時間の間隔をあけるようにしましょう。摂取カロリーだけでなく、体に必要な栄養が補給ぎているかも痩身効果を得るには欠かせません。体内に蓄積された脂肪を健康的に取り除くには、体の負担になりすぎない運動と、栄養面に配慮した食習慣を身につけることが大事です。








(C)脂肪を消費し痩身を成功させる inserted by FC2 system

我が家は朝食と昼食は軽く簡単に、夕食はゆっくり豪華に!これって真逆じゃん(笑)





inserted by FC2 system